お電話でのお問い合わせは

0474688103

月・火・水・金
8:40~12:00/13:45~17:00

土 8:40~12:00

院長挨拶|鎌ケ谷市にある初富内科医院では糖尿病専門医がオーダーメイドの糖尿病治療を提供すると共に、地域のかかりつけ内科として医療サービスを提供しております

初富内科医院

院長挨拶

お体で気がかりなことがございましたらまずはご相談下さい

image

2015年10月に、初富内科医院を開業致しました。
初富内科医院は、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病をはじめ、内科全般、検診、各種予防接種、禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群などの検査・治療を行う、地域のクリニックです。

負担の少ない治療を

生活習慣病などの持病をお持ちの方は、長く投薬治療を受けていらっしゃる方が多いと思います。たとえば糖尿病の場合は、一日に4回インシュリンの注射を打つ、また、高血圧の場合は、月に一度医療機関に行って薬をもらう―――こうした治療が主だと思います。しかし、「本当にこの治療でよいのだろうか?」と疑問を感じたことはありませんか?「できれば薬は飲みたくない」「少しでも薬を減らしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

image

当クリニックでは、患者さんの病状、生活習慣などをしっかりと把握し、ひとり一人に合った治療と指導を行っています。薬は、治療には欠かせないものですが、その分副作用もあります。可能な限り、薬を減らせる治療を選択し、できるだけ体に負担がかからない治療を提供することが、当クリニックのモットーです。

糖尿病専門医としてお役に立ちます

糖尿病はコントロールが良くないと全身に合併症を発症してしまう疾患です。糖尿病になることでリスクが高まる3大合併症(神経障害、網膜症、腎症)はよく知られていますが、糖尿病は、他にも脳梗塞、心筋梗塞、感染症、がん、認知症、歯周病など、さまざまな疾患を招く疾患でもありますので、糖尿病と診断されたら、食事療法や運動療法、投薬などによって、血糖値を正しくコントロールしていかなくてはなりません。
「糖尿病」といっても、患者さんの生活習慣もコントロール状況もそれぞれ異なりますから、パターン化した治療は行うべきではありません。なかには、必要以上の投薬を受け、副作用に苦しむ患者さんもいらっしゃいます。
また近年は、妊娠中の「妊娠糖尿病」が増加しておりますが、専門的な治療を受けていただきたい妊婦さんが多いことも現状です。

勤務医としてたくさんの糖尿病患者さんと向き合ってきた私が、「初富内科医院」を開業したのは、糖尿病に苦しんでいる患者さん、そして適切な治療を受けていない患者さんを少しでも救いたい、と考えたからです。
しっかりと糖尿病と向きあい、コントロールしていくには、糖尿病専門医による診断と治療が欠かせません。糖尿病のことなら、ぜひ初富内科医院にお任せください。
また、今後は、『糖尿病教室』の開催、各医療機関との連携にも力を入れ、地域医療にも貢献して参ります。

初富内科医院
院長 赤畑 徹

院長プロフィール

image

初富内科医院 院長

赤畑 徹

資格

  • 日本内科学会 内科認定医
  • 日本糖尿病学会 糖尿病専門医

経歴

  • 北里大学医学部卒
  • 国立国府台病院
  • 成田赤十字病院
  • 鹿島労災病院
  • 曙ユーカリが丘クリニック(在宅診療)
  • 平成27年10月 初富内科医院 開院

ページトップへ戻る